熊本で口コミ・評判が良い全身脱毛サロン!

脱毛後に日焼けしてはいけない?

    


脱毛の施術の後に、日焼けをするのは望ましくありません。というのも施術を受けた後は、肌はとてもデリケートな状態だからです。そこに紫外線が照射されると、トラブルが生じる確率も高いです。次回以降に強い痛みが生じる事も多いので、注意が必要です。

 

 

 

施術を受けた当日の肌はデリケート

サロンやクリニックでは、基本的には体毛にダメージを与えていく事になります。クリニックでは、レーザーが放出されるマシンを使用して、施術を行います。レーザーが体毛の根元の部分に働きかけて、ダメージを与える事になるのです。

しかしながらレーザーやフラッシュは、肌に対しても影響を及ぼす事が多いです。現にクリニックによるレーザーは、痛みが生じる事もあります。レーザーによる熱が生じて、痛感を覚えてしまう訳です。痛みが生じるぐらいですから、肌に対しても多少のダメージがあります。

少なくとも施術を受けた当日は、肌はとてもデリケートな状態になります。施術当日の肌の色を確認してみると、たいてい赤みを帯びています。その状態の肌は、普段よりもダメージを受けやすいです。ですから施術の当日は、肌に対する刺激は避ける必要があるのです。

施術の後はデリケートなのでトラブルが生じやすい

特に注意を要するのは、肌に対する紫外線です。テレビなどを見ていますと、たまに紫外線の問題が取り上げられている事もあります。肌トラブルの原因になるので、紫外線が肌に当たるのは避けるべきだと紹介されている事も多いです。実際その通りです。

紫外線は皮膚癌の原因になるとも言われています。ただし肌が正常な状態なら、たとえ紫外線が当たったところで、それほど大きなダメージは生じません。しかし肌がデリケートな状態ですと、話は大きく異なる訳です。

施術当日の肌はとてもデリケートですから、紫外線は禁物です。例えば、炎症リスクです。紫外線が肌に当たり続けますと、稀に炎症ができてしまう事があります。特に肌がデリケートな状態ですと、炎症が発生する確率も高まってしまう訳です。つまり施術当日に日光に当たると、肌に腫れ物や炎症が生じる可能性が大です

ですから施術の後は、日光に当たるのは避けるのが望ましいです。それと肌の色です。海水浴に行った後などは、肌が赤い色になっている事もあります。日光が肌を刺激してしまうので、自然と赤い色になってしまうのです。同じようにサロンなどで施術を受けた当日も、赤色になりやすい傾向があります。肌の見た目が悪くなってしまいますから、当日は日光は避けるべきです。施術を受けた後は、紫外線を避けるのが無難です。

インターバル中の紫外線は痛みを招いてしまう

ところでサロンやクリニックによる施術には、インターバルという期間があります。一旦は施術を受けても、しばらくは期間を置くのが一般的です。例えば6月に施術を受けた時は、次回は7月にするのが一般的です。基本的には1ヶ月ほどは、施術を行わない訳です。

その1ヶ月間は、いわゆるインターバルになります。その期間は、普段以上に肌が乾燥しやすい傾向があるので、あまり肌に紫外線を当てるべきではありません。それは、次回以降の施術に影響を及ぼしてしまう事が多いからです。上述のように6月に施術を受けて、7月までの間に紫外線に当たると、肌が乾燥してしまう傾向があります。乾燥した状態で施術を受けますと、大きな痛みが生じる確率が高いです。すなわち施術後の肌に日光が当たると、次回の施術で大きな痛みが生じてしまう訳です。

 

施術の後に日焼けしてしまうと、肌に炎症が生じやすくなる上に、赤みを帯びてしまいやすくなります。また日光に当たれば、肌が乾燥してしまいますから、次回の施術時に痛みが生じる可能性が高くなってしまいます。つまり脱毛の施術後は、日焼けは避けるのが無難でしょう。