熊本で口コミ・評判が良い全身脱毛サロン!

脱毛は痛いって本当?特に痛い部位とは?

    

たくさんのエステサロンや医療クリニックでムダ毛処理をすることが出来るので、しっかりとムダ毛を無くすことが出来ますが、施術時にはそれなりに刺激を感じるものの、顔や腕にデリケートゾーンなどすべての部位が同じ刺激ではありません。

 

 

 

 

 

断トツで刺激を感じるデリケートゾーンのVライン

全身のムダ毛をエステの光や医療機関のレーザーで処理することが出来るものの、気になるのは施術時に感じる刺激です。

一瞬の高熱変換が起きるため感じることではありますが、どこの部位でも同じ感じ方ではありません。

同じように照射をしていっても全く平気で、居眠りをできるくらいのパーツもあれば、刺激の強さに思わず目が覚めてしまい、涙が出るくらいのこともあります。

エステサロンであれ医療レーザーであれ、脱毛で特に痛みを感じるのは断トツでデリケートゾーンです。

一昔前までは脇など部分的にムダ毛が処理できれば良いと言った傾向がありましたが、現代女子は全身のムダ毛を無くしてツルツルにしたいと考える傾向にあります。

デリケートゾーンもムダ毛をしっかりと処理することで、様々なメリットがあるとわかってきたことから、迷いなくVIOゾーンを完全に処理する女子は圧倒的に多いです。

Vラインに関しては毛量を調整したり、形を整えたいなどのリクエストもできるので様々ですが、いずれにしてもこの部位ほど刺激を感じる場所はありません。

デリケートゾーンがすべて均一に痛いわけではなく、割と我慢ができるのはVラインであり、Oラインは刺激を感じるものの狭いのであっという間に終わります。

誰もが口をそろえて最も刺激を感じると回答するくらいなのは、VラインとOラインをつなぐIラインです。

理由は皮膚が非常に薄い上に色素沈着をしている部位であり、さらに粘膜に近いためであり、VIOパーツの中でも断トツで刺激は強くなります

皮膚の薄い顔パーツも痛いと感じやすい

意外と平気そうで脱毛をする時に痛みを感じやすいのは、常に注目される顔であり、理由は皮膚が薄いためです。

全身の皮膚は皆同じ厚みではなく、顔の皮膚の特に目元などは薄いために、照射をする際に刺激を感じやすくなります。

皮膚の薄さと共に、脇やデリケートゾーンとは違い濃くてはっきりした毛ではなく、産毛が密集をしているというのも拍車をかけるポイントです。

鏡を見た時に主張の強いムダ毛はさほど生えていませんし、気になるといっても口まわりや鼻の下に眉毛周辺くらいですが、もっとよく見ると顔全体を覆っている毛があります。

それが産毛の存在であり、色素が薄くて長さも短いために普段は気になりませんが、鏡を明るい場所でよく見ると産毛はたくさん生えていますし、それがくすみに見えることもあるので、処理はしたほうが良い毛です。

薄いから照射をすることでどんどん抜けそうですが、色素がすごく薄いために、エステマシンでも医療レーザーでも反応は良いとは言えません。

そこで何度も照射回数を繰り返すことになるので、ある程度の肌へのダメージも覚悟の上です。

少し出力を高めての照射をすると、やはり刺激を強く感じてしまいますし、だからといって施術をしないと、顔に産毛での影を作るのでくすみに見えたり、メイクのノリの良さを邪魔してしまいます。

ひざ小僧や太い毛の密集をする両脇も

意外な部位で言えば脱毛をして痛みを感じるところとして、ひざ小僧の照射の際には一瞬ビクッとする刺激を感じやすいです。

レッグライン全体の照射をしてもなぜかひざ小僧だけムダ毛がいつまでも残りやすいですが、この部位には太くてしっかりした毛が生えやすく、何度も施術が必要になります。

脂肪や筋肉の厚みがなく、薄い皮膚のすぐ下には骨があるので、照射時に刺激を感じやすい場所です。

誰もが最も先にムダ毛処理を終わらせたいと考える、両脇の部位も光やレーザーがよく反応をし過ぎて、施術初期の頃は強い刺激になります。

光もレーザーも黒いメラニン色素に反応をするようにできているので、脇みたいにはっきりとした黒くて太い毛が密集をしていると、しっかりと反応をするので効果も出やすいです。

でも最初の頃は本当に濃い毛が密集をしているので、反応があまりにも良すぎて痛いと感じやすい場所でもあります。

回数を重ねていくと反応が良いだけに抜けていくのも順調であり、数回で毛と毛の間に隙間ができるようになって、毛質も太い物から細い物へと変わりますので、毛量が減っていけば刺激も少なくなるので回数を重ねることです。

 

美容クリニックでもエステサロンでもムダ毛処理時にはある程度の痛みを伴うことがありますが、我慢をし過ぎないで辛い時には伝えることです。

照射時の出力を調整して下げてみたり、鎮静ジェルを追加したり、保冷剤で冷やすなど様々な対処をしてくれます