熊本で口コミ・評判が良い全身脱毛サロン!

しみ・そばかすがあっても脱毛の施術は受けられる?

    

医療クリニックのレーザー脱毛や脱毛サロンの光脱毛は、黒っぽい色、つまりメラニン色素に反応して脱毛を起こさせるということで、日焼けをしている場合は脱毛の施術は断られると聞いたことがあるのではないでしょうか?
それならば、メラニン色素によってできたしみやそばかすのある肌では、脱毛の施術は受けられないのではないかと思ってしまいますよね?
では実際にはどうでしょうか。
しみやそばかすで悩んでいるけれど、脱毛にも興味を持っている熊本の女性のためにご説明しますね。

しみやそばかすの大きさによる・・・?

しみやそばかすがある場合、その大きさによって脱毛ができるかできないかが違ってきます。
小さなしみやそばかすであれば、そのしみやそばかすの上に白いシールなどを貼って隠します
こうすることによって、その部分を避けて脱毛の施術を受けることができます。
しかし、そのしみやそばかすがかなり大きな場合は、断られる場合もあります。
断られる場合もありますが、絶対に何があっても脱毛は無理と言うことにはなりません。
施術を受ける場所を変えれば、脱毛の施術を受けることは可能でしょう。
ただし、このシールを貼る方法ですと、しみやそばかすの上にある産毛は脱毛ができないということになります。
そうなると、しみやそばかすの部分には毛が残ってしまうことになります。
この点がひとつ、デメリットであると言えます。

ニードル脱毛であればしみやそばかすがあっても大丈夫

ニードル脱毛は主に医療クリニックで行っていますが、この方法ですと、しみやそばかすがある部分でも脱毛ができます。
ニードル脱毛は皮膚に絶縁針を刺して、1本1本脱毛をするので、確実に脱毛ができます。
しみの上の毛でも、その毛が白髪でも関係なく脱毛ができます。
難点は痛みがあることと、やや高いことでしょうか。
ただし、医療クリニックでの脱毛ならば、麻酔を処方してもらえるかもしれません。

医療用レーザー「アレクサンドライト」を使えば大丈夫

しみやそばかすがあっても、医療用レーザーで脱毛の手術を受けられます。
このアレクサンドライトレーザーは、もともとしみやそばかすなどを治療するためにできたレーザーだからです。
脱毛の施術を受けながらしみやそばかすも改善できて、一石二鳥になるかもしれませんね。
この医療用レーザー「アレクサンドライト」は多くの医療クリニックで導入してると思いますが、念のため確認してみると良いでしょう。
もしかしたら対応していない可能性もあります。
ただし、しみがある人がアレクサンドでレーザー脱毛を受けたあとは、紫外線対策を普段よりもかなり気をつけなければいけません。
脱毛の施術後は紫外線対策をバッチリしないといけないのですが、ただでさえシミのある人はまたしみが出来るとか、濃くなってしまう可能性も高いです。
紫外線には当たらないように、かなり念入りに日焼け止め対策は行わないといけません。
しみやそばかすがあっても、絶対に脱毛の施術が受けられないということはありませんので、安心してください。
ただし、その部分の毛だけを残して脱毛することになったり、ニードル脱毛という、少々痛みをともなう脱毛方法になったり、医療クリニックにしかないアレクサンドライトレーザーを照射してもらったりという脱毛方法になったりします。
しみやそばかすがある人が顔脱毛をする場合は、無料カウンセリングの時に、そのしみやそばかすがある部分はどのように脱毛をするのかを聞いておきましょう。
その回答によっては、熊本にも脱毛の施術を受けられる所はたくさんありますので、別のサロンなり、脱毛クリニックに通うことを検討してみてもよいかもしれませんね。

 

ランキングはこちら